ジャニーズのブログ (・∀・)φ

スポンサーサイト 

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
【タイガー&ドラゴン 第1話 芝浜の回】

スペシャルで見て、一発で惚れてしまったドラマなので、
期待も大きかったけど、期待通りの面白さで大満足!

落語の語りと、実際の物語と、空想の時代劇の世界までが入り乱れて、
シンクロしてるので、レビュー書くのがこんなに大変なドラマもないな。
こんなの文字で説明できん。

なので、私なりのツボを列挙していくコトにします。

クドカンドラマはいつもそうだけど、1人1人のキャラが濃い!
だから誰1人欠けてもダメで、まさにクドカンワールドを展開。

中でもお気に入りのキャラがこの5人。

●虎児(長瀬智也)
独特の「ぶわぁっは!」という笑い方、唇をなめる仕草、
全てにおいて気付くの遅っ!な所とか、存在そのものがツボ。
画面の端っこでも細かい演技してるので、一時も彼から目が離せない。

●どん兵衛(西田敏行)
え、西田さんて元落語家さんだっけ?っていうぐらい、ピタリとハマってる。
落語家の役なんて、相当難しいと思うんだけど。
他にこの役が出来る役者さんが全く思い付かない程のハマリ役。

●組長(笑福亭鶴瓶)
え、鶴瓶師匠って落語家じゃなかったけ?(笑)唯一本職の落語家なのに、
あえてこのキャスティングって所がもうそれだけでツボ。

●メグミ(伊東美咲)
見た目がお人形さんみたいな人なので、こういう浮き世離れした役が似合う。ただ、
この役がこんなにハマってしまうと、今後何やってもメグミにしか見えないかも…。

●どん太(阿部サダヲ)
アフロへア、落語家なのに落語やらない、おしどり夫婦、そしてあのファッション。
モデルは林家ペー・パーさんですかね。つまらない男の役で、ハズしたギャグ
ばっかりやってるのに、それが面白く見えるってのは、高等テクだよね。


あまりに周りのキャラが濃いので、竜二(岡田准一)があまり目立たないという。

V6の中でも大人しめの岡田くんが、天才落語家役だからね。
今は家を飛び出してるからいいけど、今後実際に落語をする回があったり
するのだろうか。楽しみなような、怖いような…。


今までは虎児に振り回されて、落語教えてる感じがあったどん兵衛だけど、
甘ったれた事ばっかり言ってる竜二にキレて、虎児の生い立ちを語るシーンでは、
師匠として、1人の人間としての愛が感じられてホロリ。

でもどん兵衛が言う程、虎児に悲愴感や孤独感が感じられないのは、
虎児の天然さゆえか。


【今回の大ツボ】
せっかくどん兵衛に「芝浜」を習って、高座で披露し、観客も引き込まれてる矢先に
携帯の着メロが鳴る。観客が怒りの犯人探しをしていたら、それは虎児の携帯だった。
呆れて帰る客。

ちょっと意表つかれた(笑)ドラマを見てて、声をあげて笑うってあまりないと
思うけど、コレは思わず笑ってしまった。

「ぶわぁっは!」
スポンサーサイト
【メントレG】

本日のゲストは中村雅俊さん。

自分の父親と大した年齢変わらないけど、
相変わらずカッコいいなぁ、チキショー!(何故かキレる)

ところで、
まぼ、髪型変だけど、どしたの?

なんか、坊ちゃんスタイルになってるんだけども。
先週見てないんだけど、ずっとこんなんだった?

今、私の目の前にあるテレビジョンの表紙の松岡昌宏さんは、
めちゃくちゃカッコいいんだけど。

何か、そればっかり気になって、トークに集中出来なかったわ。


本日の「メントレGレストラン」は、
おでん盛り合わせ、ポルチーニリゾット、ふぐの白子焼きの3品。

何か金曜日の太一は食ってばっかりだな。

ぐるナイでも、白子出てきて、やたら上手そうなんだけどーーー。


にしても、太一はホントに上手そうにモノを食べるねぇ。
チキンラーメンだけじゃなくて、もっとCMで色々食べさせたらいいと思うよ。

そして、上手そうにモノを食べる太一のムカつくこと、ムカつくこと。

ぐるナイで自腹払う太一を見ると、ざまぁ~みろ!と思うのは私だけ?
城島茂、山口達也、国分太一、松岡昌宏、長瀬智也の5人で結成され、
1994年9月「LOVE YOU ONLY」でデビュー。
現在デビュー組では、唯一のバンド。バラエティー・ドラマなどでも大活躍。

TOKIOとの思い出と言ったら、やっぱり握手会ですね。
確か1992年か1993年じゃないかと思われる。(古すぎて記憶があやふや)
デビュー前で、まだ長瀬はおらず、小島某くんがいる時代でした。

その頃SMAPはデビューして、すでにすごい人気。
握手会も横浜アリーナとかで、早朝から夜まで並びっぱなしで、
やっと一瞬会えるみたいな、気の遠くなるような、もう嬉しいんだか、
悲しいんだか、ツライんだか、わかんないような握手会で。
いい思い出のような、悲しい思い出のような…。

そんな中、TOKIOの握手会は千葉の某デパートで開催。
1時間ぐらい前に行って、すんなり並んで、スムーズに開場へ。
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。