ジャニーズのブログ (・∀・)φ

スポンサーサイト 

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
基本的に演技のパターンが、うつろな表情か、わぁ~!と暴れてる時の
2パターンしかないのでちょっと飽きる。台詞もあんまりないし。

一体、台本に「わぁ~~!」て何回書いてあるんだろう。

4話中の半分が終わったのに、あまり進展が見られないので、テンポが悪い印象。

第2話では、しきりに周りから「キモイ」と言われるテゴだけど、
基本的にビジュアルがアレですからねぇ。言う程キモくはない訳で。

行動は確かにキモいけど、顔はカッコイイんだし、クラスにいたら、
「絶対調教して、自分のモノにする!」と思ったり(笑)


ここから下はストーリーのあらすじを書くので、ネタバレがイヤな人は
読まないようにご注意下さい!
----------------------------------------------------------


第2話「俺がお前を信じてやる」(5/25)


「受験まであと1ヶ月。いじめられてばかりの僕の所に、突然暴力家庭教師が
やってきた。」のナレーション(手越)と共に、1話のダイジェスト。

朝、自室から出てこない浩平(手越祐也)を起こしに来る母親(中島 奏)。
しかし「わぁ~~~~!」と叫んでは物を投げまくり、手がつけられない。
そんな中でも無関心に登校・出勤する姉のゆかり(岩佐真悠子)と父親の隆明
(坂田雅彦)。

パチンコ屋の開店前に並んでいる家庭教師の俊作(ZEEBRA)の元に母親から
電話がかかってくる。「先生!今すぐ来てちょうだい!」

参考書を破り捨ててる浩平の元に俊作が現れ、いきなり殴りつける。
そしてガムテープで椅子にくくりつけ、口にもガムテープを貼り、
えんぴつを持たせ、その手もグルグル巻きに固定。

「やっぱお前、オレいないとダメだなぁ。覚悟しろよ!
ビシビシ鍛えてやっから。」

「俺とお前の五ヶ条」と書かれた紙を部屋に貼り、浩平に読ませる。
一、あと一ヶ月死ぬ気で勉強します。
一、絶対に弱音は吐きません。
一、もう二度と暴れません。
一、死んでも志望校に合格します。
一、何があっても信じてついていきます。

浩平のふとんの裏にビッシリ貼られた咲枝(東亜 優)の写真を見ながら、
「盗撮なんかしてねーで、たまには花でもプレゼントしてやれよ。」と俊作。

押し花をそっと教科書の下に隠す浩平。もうすぐ彼女の誕生日がやってくる。

「トイレ」とつぶやき、ガムテープをはがさせ、逃走する浩平。
そして憧れの咲枝が男子生徒と歩いているのを発見。
俊作が追いかけてくるも、また逃走。

自宅に戻り、夕食後に勉強。
「明日も頑張ろうな。大丈夫だよ。頑張れば必ず結果出っから。」と
励ます俊作。

翌日2/7は咲枝の誕生日。登校するも、いつものように、いじめっ子に
追いかけられる。

「キモすぎんだよ!お前叫んでも誰も助けに来ねーからな。
だってお前1人っきりだもん。お前もうダメだよ。人生おしまい。
この先もずーっと1人っきりだよ。」

校内の階段を降りていると、誰かにぶつかって転んでしまう。
顔を上げるとそれは咲枝だった。押し花を落としたコトに気付いた浩平は、
這いつくばってそれを拾う。その姿を見た咲枝が一言。「わっ、キモ!」
その言葉がずっと頭の中でリフレインする浩平であった。

パチンコ屋をウロついてる俊作は、会社をさぼってパチンコしてる父親を発見。
そこに母親から電話。「先生助けて!浩平が!」

学校から電話があって、浩平が教室で暴れてるという知らせだった。
急いで学校に駆け付けようと、父親を誘うが、自分は無力だと言わんばかりに
逃げる父親。

教室に到着した俊作の目に飛び込んできたのは、叫びながら教室中の椅子や
机を投げつける浩平の姿だった。その姿を黙って見つめてる教師とクラスメイト。

我に返った浩平が俊作に気付く。
「誰もお前を信じてくれないのか…。」

俊作の言葉を聞いて、泣きながらカッターを取り出し、俊作に向かっていく浩平。
「バッカヤロー!」と後ろから抱きしめ、「俺がお前を信じてやる。」
浩平の手からカッターがすべり落ちる。

無事、家に連れ戻すも、学校からは1週間の謹慎処分が言い渡されていた。
「こんな大事な時期に」と嘆く母親。「バカじゃん。」と冷たく言い放つ姉。

そんな家族の反応を見て、俊作が叫ぶ。
「バカだよ、コイツは。お前と一緒だよ。みんなバカだよ。見て見ぬフリ。
我関せず。どいつもコイツも。死ぬ気で戦ったのは、コイツだけだよ!」

その夜、俊作と浩平は一緒に風呂に入り、裸の付き合い。

「いいか、浩平。お前これから好きなコト以外はやんな。」
「じゃ、勉強やんねぇ。」
「勉強は好きになれ。」「やだ。」
「じゃ、死ね。」「先生がそんなコト言っていいのかよ。」
「初めてだな“先生”って…(呼んだのは)。」

徐々に打ち解けてきた2人。

風呂上がり、ベランダで押し花を見つめる浩平の元に、
俊作がラジカセを持ってやってくる。

「よぉ、浩平。コレでお前にも歴史が出来たな。まだまだ植物の歴史には
かなわねーけどよ。今日はお前の歴史の記念すべき1ページ目だ。」


来週は打ち解けたきたはずの俊作と浩平が決裂?!



●第1話「ブルース登場!」
http://smapnews.blog4.fc2.com/blog-entry-170.html
スポンサーサイト

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2005.05.29 23:14 | # [ 編集 ]

記事のtopへ













管理者にだけ表示

記事のtopへ

トラックバック URL↓
http://smapnews.blog30.fc2.com/tb.php/179-317b60f4

記事のtopへ

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。