ジャニーズのブログ (・∀・)φ

スポンサーサイト 

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
今回は現実的なちょっと厳しい内容かも知れません…。
みなさんが求めてる内容ではないのかなとも思いますが、
まだ気持ちのふんぎりがつかない人に読んで欲しいです。


私は「年内活動休止」という言葉を額面通りに受け取ってはいません。
これぐらいで済むなら、甘んじて受け入れます。

年内は休止するけど、来年活動再開する保証はどこにもありません。
ある新聞では「今後の調査次第では解散を含めさらに厳しい処分も考えられる。」
ある新聞では「解散や脱退はない。」と正反対の内容。

現段階でわかっているのは、「ツアーが終わったら、
NEWSが揃った姿は年内はもう見られない。」これだけです。


この数日で色んなコトを考えました。
現在考えうる最良のケース、そして最悪のケース。
考えて、考えて、出た結果は・・・

「考えたってしょうがない。」


後悔は絶対にしたくない。
だから最悪のケースに照準を合わせるコトにしました。

実際問題、このまま自然消滅で解散。
というコトも十分に考えられます。

NEWSは元々9人でデビューしました。
1年目に1人脱退しました。(某有名歌手の息子ね)
表向きは学業に専念ですが、実際は喫煙写真や
女とのプリクラが今回と同じ雑誌に掲載されたからだ
と言われています。

一時休業のはずが、一向に復帰する気配はなく、
いつの間にか、彼は事務所を辞め、NEWSから存在を
消されました。

そして2年目に飲酒の上、暴れて警察に補導され、
1人が無期謹慎。

そして3年目に飲酒疑惑で、もう1人が謹慎。
1人目が謹慎という、言わば執行猶予状態でありながら、
事件を起こしては、いくら疑惑で罪が軽いと言っても
同情の余地はありません。


よく聞かれるのが、2人目の謹慎のせいで、
1人目の復帰が遅れた、というモノ。

そもそも1人目が警察沙汰など起こさなければ、
こんな大騒ぎにはならなかったのです。
この程度のグレーゾーンの写真なら、今までにも
掲載されていますが、一部のゴシップ誌で話題になる
程度で、事務所も基本はスルーしていました。

活動休止に追い込まれたコトに関して2人は同罪。
2人目だけを責めるのはお門違いです。


3年足らずの内に、不祥事でメンバーが3人も欠けるなんて、
前代未聞。異常としか言い様がありません。

ジャニーさんが怒って即刻解散を言い渡しても
決して文句が言える状況ではありません。

また、現段階で、ジャニーさんが恩情で「年内自粛」の
処分にしたとしても、まだマスコミに狙われている以上、
今後あらわになる事実があるかも知れません。
それが最後のとどめを差すコトも…。


今回、最大の被害者は、残った6人のメンバーです。
信じていた仲間に裏切られ、こうも足を引っ張られるのでは、
「もうNEWSを辞めたい!」と思うコが出てきても、
私は彼を責めるコトは出来ません。

私は最初「何があっても絶対待っている。」と伝えるコトが
ファンに出来るコトだと思っていました。
でもそれが彼らの重荷になるかも知れないなと思い始めました。

「8人でこそNEWS」といくら私達が思っても、
特に事件を起こした2人にとって、ファンの前に顔を出すと
いうコトは、相当勇気がいるコトだと思います。

快く迎えてくれるファンがどれぐらいいるかわからないけど、
相当の誹謗中傷を受ける覚悟はしなくてはなりません。
2人は特に性格的にナーバスなコなので、果たして耐えられる
だろうかと。

自分でやったコトの責任をしっかり取って、
ファンの前でしっかり謝罪できる強い心を
持っていて欲しいとひたすら願うばかりです。



以上のコトから、

もしかしたら今度のコンサートがNEWSを見る
最後のチャンスかも知れない。

という覚悟を決めました。


個人活動がどの辺をさすのか、まだわかりません。
でも普通に考えて、Pちゃん・亮ちゃん以外の4人が、
ソロのタレントとして、そんなに需要があるとは思えない。
亮ちゃんには関ジャニ∞という場所も残されているし、
最も支障がないでしょう。

ここ最近の連続ドラマの出演もNEWSという後ろ楯があってこそ。
3月にはKAT-TUNがデビューするという大事な時期に、
謹慎中でイメージが悪いタレントをプッシュする余裕が
果たして事務所にあるだろうか。

アイドル雑誌への掲載、Jwebの連載、ラジオ番組、
Ya-Ya-yahや少クラの出演

これらはNEWSとしての活動になるのか、個々の活動に
なるのか、非常に微妙な所。これらが続行になるのなら、
単純にコンサート(SUMMARY)と新曲(シングル・アルバム)が
なくなっただけなので、待ってられるかな。
ただ最悪、全く露出がなくなってしまうメンバーも
出てきてしまうかもしれない。


もちろん最悪の結果は決して望んでいません。
でも、今まで考えてきたコトが、全て最悪の結果に
なってしまった以上、もうどん底に落ちるのはイヤ・・・。

最悪の事態を想定しておけば、ほとんどの結果が良いものとなる。
最良の結果を想定しておけば、ほとんどの結果が悪いものとなる。

だから決してネガティブな意見ではなく、
あくまでもポジティブな意見として捉えて欲しいです。

いつ終止符が打たれても、悔いの残らないよう、
精一杯のコトをしたい。ただそれだけです。


さて、では今私達にできる精一杯のコトとは
一体なんでしょう。ここまでの話は自分の気持ちに
ひと区切りを付ける為の荒療治と考えてください。

気持ちが宙ぶらりんでいると、いつまでたっても
前へは進めません。思いきって階段を1番下まで
降りてみると、後はもう昇るコトしか出来ません。

だからホントに言いたいのはココからです!


●PART・2 今私たちにできるコト。
http://smapnews.blog30.fc2.com/blog-entry-528.html
スポンサーサイト
カテゴリ → NEWS | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。