ジャニーズのブログ (・∀・)φ

スポンサーサイト 

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
【撮影の舞台裏に完全密着!!~竜&隼人の素顔に迫る~】

3/12の午前中に放送された、ごくせんの特番です。
レポ用に文章を書きおこしていたら、インタビューがどれも読み応えがあり、
カットするのがもったいなくなったので、ノーカットでお届けします。
見逃した方、竜と隼人の素顔を知りたい人は是非読んでみて下さい。
長いです、ハイ。


【ロケ現場より】

●『撮影は大変ですか?』
赤西「現場が楽しいんで大丈夫です。」

●『ファンの声援がすごいですが?』
亀梨「すごい嬉しいですね。もっと頑張れるし、結果とかじゃないんだけど、
そういう風に目に見えるもの、耳に聞こえるものは、すごい直に伝わるんで。
なんか嬉しい感じがしますね。やってるって実感がすごい湧きます。」


【赤西仁インタビュー】
●『隼人の役作りで苦労したことは?』
監督とプロデューサーさんに、隼人が生徒の中で1番難しいって言われたんですよ。
ていうのが、竜までクールじゃないし、土屋までおちゃらけてないし、
その中間でいながら、リーダーなんで、そこら辺をどうしようかとか。

「どうすればいいですかねぇ?」って聞いた時に、「一緒に作って行こう」って
言われて。「お願いします」って始まったんですけど。5人で芝居をする時に、
隼人がどういう考え方をするのかとかよりも、リハーサルでは手探りです常に。

●『ヤンクミの印象は?』
仲間さんは最初のイメージは、静かで寄せつけないオーラがあるような感じ
だったんですが、ところがどっこい、話してみたら、すごい気さくで、
お茶目な天然素材な方で、でも綺麗なんですよ。
やっぱ、ああいう人が先生だったらね、いいですよね、ホントに。
仲間さんの演技は、「本番やりま~す」ってなったら、コロッと変わって、
現場が引き締まる演技をするので、やっぱそこは女優だなと。


【内藤剛志さんに聞く】

●『隼人の印象は?』
怒ってる時の顔とそれから笑顔の時と、ものすごい違う。あるいはすごく照れていたり、
というたくさんの表情を持ってるヤツで、何よりもですね、目がいいですよね。
非常に本人が真面目であって、芝居に向かって真正面から来るヤツであるって事、
それから20歳だと思うんだけども、やはりジャニ-さんとずっと仕事を
されてきた事もあって、場数を踏んでらっしゃると思いますね。

非常に落ち着いて仕事をされている事を非常に驚きました。自分が20歳の頃なんて、
こんな風には出来なかったと思うし。今もとても素敵だし、これからもっともっと、
素敵な役に巡り会うと思うし、きっと素敵な俳優さんになると僕は思います。
それでその父親役をやらせてもらった事を本当に嬉しく誇りに思っております。
素敵な俳優さんだと思います。


【宇津井健さんに聞く】

●『竜と隼人の印象は?』
なかなか一緒の出番がないんですけど、こないだ2人が初めて我が家に訪ねてくる
シーンがありましてね。やっぱり爽やかですね~。もうね、パァ~ッとこう雰囲気が
明るくなったといいますかね。

実は我が家に5歳になる男の子の孫がいるんですけどね。
これがもう2人のファンでね、矢吹がこうでね、小田切がこうでねって
格闘の場面やなんかをね、よく真似てます。
それで色んな事を聞かれるんですけどね、僕あんまり出番が一緒にならないんですけど、
さも知ったかぶってね、あいつはこうだとか、彼はああだとかね、点数稼いでます(笑)


【3/1 午前8時 都内撮影所 亀梨密着】

●『今日から9話の撮影が始まりますが?』
そうですね、早速が(顔に)傷が付いてる訳ですけども、9話でもせっかく
ケンカしないって約束したのに、どういう訳か傷が付いてる訳ですよ。
何故僕の顔に傷が付いちゃったのかはですね、9話を見てのお楽しみなんですけども。

●『9話は竜の親子話が中心という事ですが?』
そうですね。竜ちゃんの家庭事情というのが、見えるという、ちょっと大変そうに
なりそうです。今まで1話から9話まで、クールであまり感情というのを
出してなかったんで、9話ではホントに一気に感情が出てくるという感じなんで、
感情が出た時の竜ってのを自分でもまだ見た事もないし、どういう風にしようか、
今からちょっと考えながら、やってる訳ですけども。今日、夜にものすごい大事な
シーンがあるので、今から入り込もうかなと思ってる訳ですよ。


午後6時 ごくせん第9話 大江戸一家居間 撮影開始
台本にして14ページ、15分にも及ぶ重要なシーン。
3台のカメラが竜を追い、現場は張りつめた空気に。

《TAKE1》 竜の感情が極まるシーンで、監督にもっと感情を出して欲しいと
要求される。再び気持ちを整えて本番にのぞむ亀梨。

《TAKE2》 気持ちが戻らず、監督からもう1本の声がかかる。

《TAKE3》 そして3度目でようやくOKが出る。

すぐに自分の演技をモニターでチェック。その目は心なしかうるんでいる様子。


●『自分の演技を見て泣いてませんでしたか?』
ね、何か涙腺がゆるんでます、今。だから泣いちゃいました。
何か悲しいですね、今日。だっていっぱい泣いた…1年分以上泣きましたよ。
ま、全力を尽くせたんで、ちょっと出来上がりを見たいなと、早く思います。

深夜2時までの撮影。翌朝は7時集合というハードスケジュール。
「3~4時間しか寝れません」という亀梨の顔は言葉とは裏腹に晴れやかだった。


【宅麻伸さんに聞く】

●『竜の印象は?』
息子の竜の印象なんですけども、なんていうのかな、シャープな感じの目といいね、
雰囲気、ホントの息子にもらって帰ろうかなと思うぐらい、いい彼です。
今夜9時から竜がとってもいい芝居をします。僕がすごいキツイお父さん役
なんですけど、最後の最後でおやじに向かって、もうホントに心情、自分の
思ってる事を吐露するシーンがありますので、そこを必ず、いや頭から最後まで
見てください。いい芝居やってます。


【亀梨和也インタビュー】

●『竜という役について?』
ホント最初は右も左もわからない現場で、こういう役を頂いてね、
ああいう台詞も頂けたってのは、すごい嬉しかった。

●『竜の役作りで苦労した点は?』
いやもう、ここまで来るまではホントに感情を出さないように、出さないようにと、
だから最初の内はすごい抵抗があったんですよ。2話3話辺りとかは。
でも段々それが当たり前になってきてて、感情を入れないって言っても、
多少の感情はあるんだけど、言葉に波をつけないようにしたりとか、
ていう風には言われてましたね。

●『今後、演じてみたい役柄は?』
青春ものが。しっかり感情のある役で。やってみたいなと思いますね(笑)
でもホント色んな役やってみたいですね。亀梨和也以外の人を演じるっていう
面白さを今回すごい感じてしまったので、また違った他の役とかもね、
色々挑戦していきたいなと思いますね。

●『挿入歌「絆」の作詞をされていますが?』
最初ホント絆っていう言葉は、実は入っていなかったんですよ。1回目出来た時には。
それで何回か何回か改良を重ねていって、最後に「消えないこの絆」っていう。
僕も作詞させて頂くのは初めてだったんで、すごいとまどいながら書かせて
もらったんですけど、やっぱ最終的に、自分でも歌ってても聞いてても、
人と人との繋がりを歌ってる歌なんで、絆という言葉がいいなって、その詩を
書いてから思うようになりましたね。


「絆」作詞:亀梨和也 作曲:馬飼野康二
絆のメロディーと歌詞をバックに、今までの名シーンが流れる。


【仲間&亀梨&赤西対談】

仲間「おはようございます!」
亀梨&赤西「おはようございま~す!」

●『竜と隼人の演技はいかがですか?』

仲間「二人のお芝居はだいぶ変わりましたよ、最初と。」
亀「ホントですか?」
仲「何かこう自分達の中で、役柄の設定がきっとしっかりしてきたせいも
あるんだと思うんですけど。芝居にすごくメリハリも出てきたし、
他の仲間達とのノリというか、芝居のテンポ感ていうのも最初よりは、
合ってきたんじゃないかなって思うし。」
仁「ありがとうございます。」

●『ヤンクミとのシーンで1番思い出に残っているのは?』

仁「俺は2話ですね。」
仲「2話?」
仁「2話の格闘のシーンですね。ヤンクミとの…」
仲「あぁ、2人で?」
仁「そうです。あれはマネージャーさんの目を気にしながらやってた。」
仲「何で?(笑)」
仁「ふざけんなよ、お前みたいな感じで、殴りかかるじゃないですか。」
仲「うんうん」
仁「もしそこで殴りかかって当てたら、マネージャーさんが、ふざけんなよお前
って来るだろうと。」
仲「(笑)」
仁「当たったらまずいと。」
仲「あ、なるほど。大丈夫ですよ、ちょっとぐらい。当てても女優さんにも。」
仁亀「(笑)」
仁「あの、それはね、マズイんですよ。」
仲「大丈夫ですよ」

仁「ホントに楽しい現場だしね、うん。」
亀「終わるのがすごい寂しいですよね。今から。」
仲「うん寂しいですね。ホントに寂しいと思う。」
亀「こんな楽しんだドラマってって思える現場でしたね、僕ホントに。」
仲「でもでも9話良かったですよ。」
亀「良かったですか?」
仲「うん、良かったと思う、私は。すごく見て欲しい!」
亀「見て欲しいですね。」
仲「亀梨和也を見て欲しい!って思いましたね。」
仁「見て欲しい。」
亀「いやいや(照)」
亀「是非見てください。」
仲間「見てください。」


9話予告が流れる。


2人の頑張ってる姿と、共演者の方々の温かい言葉が聞けて満足の1時間でした♪

スポンサーサイト

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2005.03.14 11:38 | # [ 編集 ]

記事のtopへ













管理者にだけ表示

記事のtopへ

トラックバック URL↓
http://smapnews.blog30.fc2.com/tb.php/77-2a4585c4

記事のtopへ

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。